院長からご挨拶

地域の皆さまの「かかりつけ医」として

こんにちは、林眼科医院院長の林大助と申します。昭和41年創業の当院を父から受け継ぎ、福岡県久留米市にて地域眼科医療に従事しています。
出田眼科病院勤務時に学んだ『誠』の心と技術を基本とし、現在は、眼科一般診療、白内障手術、翼状片手術、眼瞼疾患・眼瞼下垂手術などを中心に、地域医療に貢献させて頂いています。 自分の知識、技術の進歩が患者様の有益となることを信じて、日々の努力を怠らないよう努めております。

お子様からご高齢の方まで安心して診察、治療を受けていただけるよう、最新の技術に基づいた安全で丁寧な治療とわかりやすい説明を常に心がけております。院内の設計にバリアフリーを導入したり、化粧室に赤ちゃんベッドを設置するなど、どなたにでも来院しやすい空間づくりにも力を入れています。

また、地域医療の一環として、病気や寝たきりなどで受診できない患者様には往診を行っていますので、詳しくはご相談下さい。現在往診は、ご自宅・他病院・施設等へ伺っています。 さらに、宮の陣小学校、宮の陣中学校、久留米特別聴覚支援学校の眼科学校医を担当し、未来ある子供たちの眼の健康にも尽力しています。

現在、日本失明予防協会理事、福岡県眼球銀行理事、筑後ブロック眼科医会理事、久留米眼科医会久留米地区世話役を務め、地域の眼科活動にも積極的に取り組んでおります。

今後も、「地域の眼科かかりつけ医」として、より一層患者様の信頼ににお応えできるよう、誠心誠意努力していきたいと思っております。

その他趣味、特技など

家族と2匹のマルチーズに癒される毎日です。動物はなんでも好きで、動物園や水族館は大好きなスポットです。
武道・スポーツ歴は、小学生で剣道・居合道を始め(武揚館道場)、剣道は高校時代までしていました。大学時代はラグビー部及び日本拳法部に所属しラグビー部ではキャプテンを務めました。 
大学卒業後は、空手、剣道を経て2005年4月に少林寺拳法久留米道院に入門、2012年には少林寺拳法久留米東道院設立。眼科以外での青少年育成に取り組んでおります。
2012年から加圧トレーニングを開始、体作り・体調管理にも努めています。

林眼科医院 院長 林大助

■略歴

平成5年
川崎医科大学卒業
久留米大学病院眼科学教室入局
平成8年
壱岐公立病院 眼科医長
平成11年
出田眼科病院 常勤医
平成13年
林眼科医院副院長
出田眼科病院 非常勤
平成14年
林眼科医院院長
  • 日本失明予防協会 理事
  • 福岡眼球銀行 理事
  • 筑後ブロックlili眼科医会 理事
  • 久留米眼科医会久留米地区世話役
医院外観

医院外観

西鉄久留米駅より徒歩3分の好立地。 西鉄高架沿い、有料駐車場のとなり、 青い看板が目印です。

医院入り口

医院入口

段差のないバリアフリー設計。 車椅子の方、段差が辛い方でも 安心して来院していただけます。

待合室・受付

待合室・受付

明るくあたたかみのある待合室。 待ち時間を快適に過ごして頂けるよう、空間を広く取っています。

検査室

検査室

視力検査、眼圧検査等の各種検査を 行います。患者様がリラックスして診察に臨めるよう配慮しております。

診察室

診察室

院長による診察が行われる部屋です。 バリアフリーの完全個室で安心して診察を受けられます。丁寧で分かりやすい診察を心がけています。

手術室

手術室

白内障、眼瞼下垂、翼状片を はじめとする各種手術に対応した日帰りから入院しての手術まで患者様の状態に合わせて行います。

病室

病室

入院が必要な患者様の病室です。手術前後の時間を落ち着いて過ごしていただけるよう、清潔で快適な空間づくりに努めております。

コンタクトレンズセンター

コンタクトレンズセンター

当院ではコンタクトレンズセンターを併設しております。医院での診察を受け、最適なコンタクトレンズ選びをさせていただきます。

眼鏡コーナー

眼鏡コーナー

眼鏡の販売も行っております。
お子様向けから大人向けまで、用途に応じて各種取り揃えております。

Copyright(c) 2013 Hayashi-Clinic All Rights Reserved.