診察内容

  • 各種眼科検診
  • 黒目の病気ードライアイ、角膜潰瘍、角膜炎等
  • 白目の病気ー結膜炎、結膜下出血、翼状片等
  • 目の中の病気ー白内障、緑内障、糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑変性等
  • まぶたの病気ー麦粒種、霰粒種、眼瞼下垂、眼瞼内反、眼瞼外反等
  • 茶目の病気―虹彩炎等
  • 眼鏡処方、コンタクト処方

診療のご案内

初めて診察を受ける方へ

当院では、一般の診療に際しては予約の必要はありません。
眼に不安を感じたら、お気軽にご来院ください。

初診時の問診では、患者様の不安やお悩みをじっくりと伺い、丁寧でわかりやすい診療を行いたいと考えています。できるだけ時間に余裕を持ってお越しください。
また、診断や治療方針についての疑問や不安がある場合は、遠慮なくおっしゃって下さい。
※セカンド・オピニオンも受け付けております。

初めて診察を受ける方

来院の際にお持ちいただくもの

  • 健康保険証(コピー不可)
  • 普段ご使用されているメガネ・コンタクトレンズ、お薬手帳
  • 各種受給者証(老人、公費受給者証等)
  • 他の医師からの紹介状
  • その他学校や職場等の診断で受診を勧められた場合、検診の結果用紙

診察の流れ

受付

まずは受付へお越しください。
初めての受診の方は、そのことをスタッフに伝え、保険証や医療証をご提出ください。
他院からの紹介状や検査結果、おくすり手帳をお持ちでしたら、一緒にご提出ください。

受付

問診

受付にて来院された目的(症状)や眼科の受診歴、服薬の有無、通院の有無等を伺います。

問診

検査

初診の場合には症状に応じて以下の検査を行います。患者様の目の全体象を把握し、診療に役立てます。

  • 屈折検査―目の屈折状態を調べます。これは近視、遠視、乱視の強さを他覚的に調べるものです。
  • 眼圧検査―目に空気を吹き付けて、眼圧(目の硬さ)を測ります。 眼圧の高さで、高眼圧症や緑内障、網膜剥離などを調べることができます。
  • 視力測定―他覚的屈折検査のデータをもとに、自覚的な見え具合である視力を測定します。眼鏡をお持ちの方は、眼鏡をかけた状態での視力も測定します。また、老眼世代の方は近距離視力(手元の視力)も測ります。
検査

診察

医師が病状などを伺った後、細隙灯顕微鏡を使って診察します。
この検査は、主に前眼部(目の表面)を拡大して見るもので、片目だけの症状であっても必ず両目を診察します。
続いて瞳孔の奥にある眼底を調べる検査です。目の中は暗いため、強い光を当てて拡大レンズで見ます。
その後、必要に応じた検査を追加で行う場合があります。
最後に、医師より病状についての説明や治療計画、次回受診日について説明があります。

診察

お会計・お薬の処方

診察後は待合室で、お呼び出しがあるまでお待ちください。 お名前をお呼びしましたら受付にお越しください。お薬が処方された時は、使用方法をご説明の上、処方箋をお渡しします。保険調剤薬局にて薬をお受け取り下さい。 最後に会計を行います。

お会計・お薬の処方
Copyright(c) 2013 Hayashi-Clinic All Rights Reserved.