眼の病気・症状について

目の表面の病気

白目(結膜)の病気

結膜炎
白目の表面からまぶたの内側を覆う粘膜に炎症を起こし、充血、めやに、異物感、まぶたの腫れなどを起こします。 細菌感染やアレルギーなど原因に合わせて治療を行います。
結膜下出血
白目が色を塗ったように赤くなります。ほとんどの場合、投薬をせずに自然に消失します。
翼状片(よくじょうへん)
鼻側の結膜が肉片のように黒目(角膜)に伸びてきます。 充血や異物感を伴います。進行すると乱視が強くなったり瞳孔を隠してしまうと視力低下を 起こしたります。

黒目(角膜)の病気

ドライアイ
涙の量が減ったり、涙の質が低下し蒸発しやすくなったりすることにより目の表面を潤す力が低下した状態です。目の乾燥感や疲れが主な症状ですが、原因や症状は様々です。
角膜潰瘍(かいよう)、角膜炎
細菌やウイルス感染によって起こりますが、コンタクトレンズ使用者に多くみられます。 強い充血や痛み、視力低下を生じます。

茶目(虹彩)の病気

虹彩炎
虹彩が炎症を起こし、光をまぶしく感じたり、痛み、充血を生じます。

目の中の病気

白内障
目のレンズである水晶体が濁ってくる病気です。視力低下やかすみ、まぶしさが強くなるといった症状を生じます。進行すれば手術での治療が必要です。
緑内障
見えない場所(暗点)が出たり、見える広さ(視野)が狭くなったりする病気です。ある程度進行するまで自覚症状がないことが多く、注意が必要です。
糖尿病網膜症
糖尿病が原因で目のフィルムにあたる網膜に出血や動脈瘤、新生血管を生じ、著しい視力低下を生じます。糖尿病がある方は、定期的に瞳孔を開いて(散瞳して)眼底検査を受けることが大切です。
網膜剥離(もうまくはくり)
目のフィルムの役目をする網膜が剥がれてしまう病気です。放置すると著しい視力低下や失明につながるため早急な対応が必要です。
黄斑変性(おうはんへんせい)
目のフィルムの役目である網膜の重要な黄斑部に新生血管や出血を生じ、見たい場所だけが歪んだり、見えなくなったりする病気です。

まぶたの病気

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
ものもらい、おひめさん等呼ばれています。まぶたが赤く腫れ、痛みを生じます。細菌感染が原因で、抗生剤の点眼や内服、必要であれば切開を行います。
霰粒種(さんりゅうしゅ)
麦粒腫と同じようにまぶたが赤く腫れ、痛みを生じますが、腫れの中にコロコロしたできもの(腫瘤)ができ、腫れや痛みが消失したあとも腫瘤が残ります。何度も炎症を繰り返したり腫瘤が大きく異物感や見た目が気になったりする場合には、腫瘤を取り出す必要があります。
眼瞼下垂(がんけんかすい)
まぶたが下がり見えにくくなる、まぶたが重く感じるといった症状を生じます。視力に影響が出る場合には手術が必要になります。
眼瞼内反・眼瞼外反
まぶたが内側にめくれてしまうと内反、外側にめくれると外反といい、強くなった場合には手術が必要になることがあります。
Copyright(c) 2013 Hayashi-Clinic All Rights Reserved.